MENU

Artist introduction

Message

当窯は古来より伝わる象嵌、刷毛目、掻落などの伝統技法を追求し、日々の生活の中で活かされ、後世に残し伝えていける作品創りを目指し研鑚してます。
更には新たな技法による陶芸の可能性を追求し試行錯誤しながら、新作発表できますように励んでいます。
今後とも皆様のご支援ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

日本工芸会準会員 / 熊本県美術協会会員

陶房 英窯 前田英雄 Maeda Hideo

イメージ画像

Profile

1943年
熊本県熊本市に生まれる
1973年
京都の陶芸家河村喜太郎の著書と出会いライフワークとして志す
1989年
三島唐津を独学する
1985年~7年
県内の公募展に入賞、入選
1997年
独立開窯
第52回 熊本県美展 初出品入選 以降連続入選
第15回 くらしの工芸展 初出品入選
1998年
第53回 熊本県美展 協会賞受賞
第16回 くらしの工芸展 奨励賞受賞
2000年
第53回 西部工芸展 初出品入選 以降 連続入選
2001年
第48回 日本伝統工芸展 初出品入選
日本工芸会準会員認定
第98回 九州山口陶磁展 初出品 熊本放送賞受賞
2002年
第49回 日本伝統工芸展 入選
初の個展 熊本県伝統工芸館にて
第58回 熊本県美展 会友推挙
2004年
第51回 日本伝統工芸展 入選
第101回 九州山口陶磁展 入選
2007年
個展開催 熊本県伝統工芸館にて
2008年
第63回 熊本県美展 会員推挙
2011年
第13回 東京NY陶芸コンテスト 最優秀賞受賞
2013年
第14回 東京NY陶芸コンテスト 受賞
2019年
第54回 西部伝統工芸展 2000年以降 連続20回入選

Overseas operation

イメージ画像
2011年

ニューヨークでの活動開始

NY陶芸コンテスト 最優秀賞 受賞

2012年

NY陶芸コンテスト 最優秀賞 副賞で夫婦招待される

村瀬美恵子(コロンビア大学名誉教授、元メトロポリタン美術館東洋部特別顧問)、コンテスト役員の方など多くのご支援いただく

2014年

NYチエルシー 個展開催 大西ギャラリーにてNYアジアウイーク

NYマンハッタンにて 現代日本の陶芸展(人間国宝の皆様とコラボ)

ワシントンDC 日本大使館にて 現代日本の陶芸展

NYマンハッタン陶芸教室にてレクチヤー開催

パリ 16RUE DE LILLE GALLERYにて個展開催

2016年

NYアジアウイーク
NYマンハッタンにて 現代日本の陶芸展(人間国宝の皆様とコラボ)

ワシントンDC 日本大使館にて 現代日本の陶芸展

2019年

NYチエルシ-大西ギャラリーにて 現代日本の陶芸展

Works in Public Collections

イメージ画像

パリ チェルヌスキー美術館所蔵

2015年

ニューヨーク ブルックリン美術館
作品名:炭化象嵌幾何文花器※(筒型)(寸法:径32cm 高42cm)

2015年

パリ チェルヌスキー美術館(パリ市立アジア美術芸術館)
作品名:炭化象嵌幾何紋花器※(丸型) (寸法:径32cm 高20cm)

2016年

ブルックリン美術館を夫婦で訪問し、作品と再会する

※作品名
日本語名:「炭化象嵌幾何文花器」
英語名:「Flower vessel with inlaid geometrical pattern and charcoal finish」

YouTubeチャンネル